ゴルフ飛距離アップ

ゴルフの練習を繰りかえしても飛距離がなかなか伸びないという方におすすめのトレーニグです。
単に筋力トレーニングを続けていても、効率よく力を伝えることが出来なければ飛距離アップは期待できません。
ゴルフで飛距離を伸ばすためには背筋や下半身を鍛えること、体が効率よく動くための柔軟性が重要です。
ゴルフの飛距離アップにつながる「素早いスイング」や「柔軟性を高める」トレーニングを提案します。

ゴルフをもっと楽しむ

  • 飛距離アップ
  • 安定のスイング
  • 基礎体力アップ

こんな方におすすめです

  • おすすめ身体がまわらない方
  • おすすめ身体が硬くてスイングが小さい方
  • おすすめ飛距離をもっと伸ばしたい方
  • おすすめボールの弾道が安定しない方
  • おすすめ60以上までにゴルフを楽しみたい方

ゴルフ飛距離アップ メニュー

上半身トレーニング

【トレーニングの概要】

上半身は肩甲骨、肩まわりの筋肉のトレーニングやストレッチを入念に行います。まずは肩甲骨の動きを意識してどれだけ身体が回るのかを確認します。可動域を広げるトレーニングで飛距離、安定性を向上させます。

【トレーニング効果】

地道なストレッチを行い、身体が自分の思った通りに動かせることが重要です。肩の可動域を広げるとスイングスピードが速くなり、飛距離アップや方向の安定につながります。

体幹トレーニング

【トレーニングの概要】

体幹を強くすることはカラダの基盤を強化して、ブレない芯をつくることにつながります。腹筋、背筋、回転力を強くするトレーニングを行い安定性あるスイングにしていきます。

【トレーニング効果】

体幹を鍛えることでブレない軸が出来上がり、スイングの安定と力をボールにうまくつたえることができるようになります。また、身体が疲れにくくなることで後半のスコアが崩れることにも効果があります。

下半身トレーニング

【トレーニングの概要】

スイングスピードの向上に必要なのが下半身の強化です。下半身の強化はバランスのとれたスイングをするためにも重要です。スクワットなどお尻・ももの筋力アップ、下半身のバランストレーニングを行います。

【トレーニング効果】

お尻やももなど足腰の筋肉を鍛えておくことで、バランスのとれたゴルフスイングを可能にし、大きなパワーを生み出すことができます。

トレーニング項目や効果には個人差があります。
まずはお気軽にご相談下さい。現状の把握から丁寧にヒアリングしていきます。

ゴルフトレーニングに関するQ&A

Q飛距離は伸びますか?

A個人差はありますが、30y飛距離が伸びた実績もあります。

Qスイングを安定させたいのですが?

A通う前に身体が硬い方が多くいます。
柔軟性と体幹が強化されることでスイングやフォームが安定します。

Q腰痛があっても可能ですか?

A原因が個々で様々なので現状を把握してトレーニングを実施します。
改善された方も多数います。

Scroll to top